にうむろぐ

暇なときに何か喋ります

【LaTeX】テキストラインでの \sum の大きさを程良い感じにする

テキストラインでの数式モード中に\sumを使って総和記号シグマを出力しようとすると、添字がシグマの横に配置されてしまう。かと言ってディスプレイスタイル表示で\displaystyle\sumとするとシグマがデカすぎる。
前から気にはなっていたがまあこんなもんだろうと思い妥協していたのだが、さっき数学書を読んでいたらなんだか程良いサイズでテキストラインに総和記号シグマがプリントされているじゃないか!
一度見てしまうともう妥協できないので、とりあえずググってみると、\limitsコマンドというのを見つけた。これを使えばテキストラインの数式モード中で、直接\sumとだけ書いただけの時のシグマの大きさで、かつ\displaystyleと書いた時のように添字をシグマの上下に配置することができた!
以下ソースコード

\documentclass{standalone}
\begin{document}
  \begin{tabular}{rl}
    \verb|$\sum_{n=1}^\infty a_n$| & $\sum_{n=1}^\infty a_n$\\
    \verb|$\displaystyle\sum_{n=1}^\infty a_n$| & $\displaystyle\sum_{n=1}^\infty a_n$\\
    \verb|$\sum\limits_{n=1}^\infty a_n$| & $\sum\limits_{n=1}^\infty a_n$
  \end{tabular}
\end{document}

出力
f:id:geniusium:20181025011311p:plain:w500


3行目、美しい!!!
おしまい。