にうむろぐ

暇なときに何か喋ります

【LaTeX】vscodeで「てふてふ」する!

Atomを使ってTeXを書いてたが、間違えてアプデしたりなんか勝手に仕様変更されたりやらでもう使えなくなっちゃったので、エディタをvscodeに切り替えた。

ということで、vscodeの設定をメモっておく。

 

目次

1. vscodeのインストール

2. 拡張機能 LaTeX Workshop を導入

3. LaTeX Workshopの設定を変更

4. タイプセット!!

5. コメント

 

 

1. vscodeのインストール

公式サイトからダウンロード

code.visualstudio.com

 

2. 拡張機能 LaTeX Workshop を導入

vscodeを起動して、左側の四角いタブを開いて「latex」と検索して一番上に表示される「LaTeX Workshop」をインストール。

f:id:geniusium:20180614200631p:plain

3. LaTeX Workshopの設定を変更

latexmkを使ってタイプセットするらしいがこの辺はよくわからない。

初期設定ではengineがpdflatexになっているのでこれをplatexとかに変える。

Macなら[⌘ + ,]で、winなら[Ctrl + ,]でユーザ設定を開き、以下のリンクから自分の環境に合わせて設定をコピーしてきて、ユーザ設定のところにペースト。

Visual Studio Code/LaTeX Workshop - TeX Wiki

f:id:geniusium:20180614201809p:plain

補足:

僕の場合はMacpLaTeXを使用するので、ユーザ設定は以下の通り。

"latex-workshop.latex.tools": [
  {
    "name": "latexmk",
    "command": "latexmk",
    "args": [
      "-e",
      "$latex=q/platex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode -file-line-error %S/",
      "-e",
      "$bibtex=q/pbibtex %O %B/",
      "-e",
      "$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/",
      "-e",
      "$makeindex=q/pmendex %O -o %D %S/",
      "-e",
      "$dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/",
      "-norc",
      "-pdfdvi",
      "%DOC%"
    ]
  }
],

 

4. タイプセット!!

この設定が済めばもうタイプセットできるようになっているはずである。

texファイルをvscodeで開き、[⌘ + s]で保存すると自動でタイプセットされる。

 

5. コメント

これにてAtom卒業。Atomよりvscodeの方が軽いしね。

マカーなのにvscodeを使うというのは何だかあれだが。。。